FC2ブログ

19.10.12 自作センサー作り直し

191012_1_01.jpg

10.07 他のパネルも一部自作センサーに換装したのだが、細かい問題が多発、さらには全く想定外の大問題が発生し計画が頓挫する寸前まで行ったが、例によって思い付きでなんとか回避。

細かい問題は解決策が見つかったのだが…全く想定外の問題とは。今まで通りに自作センサーを取り付けた訳なんだが、無反応地帯が残った上に変な反応をし始めた。ある部分を押していくとon-off-onになる。

つまりダブルクリックのようになる。離すときもそうなるのでこれはDDRをプレイするには大きな障害になる。なぜ?しばらく考えたが全くわからない。これは今までの方式に戻すしかないのか?それって最悪なんですけど…


191012_2_01.jpg

正直1時間位試行錯誤した。そして一つのイメージが浮かんだ。自作センサーはゴムの土台に銅テープが貼ってあるわけだが、土台のゴムが結構硬いので、パネルが押されてたわむと図の③のような形でOFFになり、更に押されると④のように別のセンサーが反応しているのでは…
これだとダブルクリックになる理屈が通る。ならどうすればいいか。更に1時間位考えた。

…土台の硬いゴムを、スポンジゴムにすればいいのでは?そうすればパネルが反っても土台もそれに沿って傾くのでONのままで行けるのでは?


191012_3_01.jpg

すぐ様ホムセンでスポンジゴムを探す。厚みが3ミリのしかなく、予想通りそれだと常時ONになる。やむなくパネル側のアルミ板をゴムの土台を付けずにパネル直貼りにした。

結果、ダブルクリック問題は解決。ほんとにああなってたのな…


191012_4_01.jpg

カーボン板を4枚使っていたパネルは、カーボン板の縁で銅テープが切れかかっていた。こちらもスポンジゴムに変更し、カーボン板をやめて1枚もののアルミ板に変更した。

結局4時間もかかってしまった。しかし本気で焦ったよ…他のパネルにはそんな問題発生しなかったからさ

しかし3mm厚のスポンジゴムに銅テープ直貼りはテープがへなへなになってあまりよろしくない感じ。できれば2mm厚スポンジゴムに1㎜厚のゴムシートを貼って回避させたい。Amazonにちょうど良い部材が低価格であったのでそれを購入、届いたら再度作り直すことに


10.12 膝に痛風発作を起こしてしまい、踏むどころではなかったのだがメンテはするぜ。例の自作センサー交換、新しいパーツが届いたので換装と確認。


191012_5_01.jpg

191012_5_02.jpg

従来センサーのゴムが、養生テープの上だとズレてしまうようなので直貼りに変更



191012_6_01.jpg

元々貼ってあるスポンジゴムシートをドライヤーで温めて剥がす。これに結構かかる。


191012_6_02.jpg

新しいパーツはもちろん2mm厚スポンジゴムシート。幅20㎜×長さ6mで880円。なかなかリーズナブル。これに1mmゴムシートを貼ってセンサーとする。


191012_7_01.jpg

191012_7_02.jpg

191012_7_03.jpg

191012_7_04.jpg

スポンジゴム+ゴムシートをパネルに貼り付け、銅テープで接点を作る。接続は今までのコネクタを利用する事に。


191012_8_01.jpg

3㎜厚スポンジゴムより若干薄くなったので、アルミ板は再び1mm厚ゴムシートに貼り付けて使用する事に。

これで完成、大体1時間仕事だな


191012_9_01.jpg

2枚目は40分かからない程度だった。結局慣れだな。

これで1番気になってた部分の換装は完了。あとは反応と耐久性だ


191012_a_01.jpg

パネルメンテのチェックをメンバーにして貰った。過反応にだいぶ悩まされたが、なんとか安定稼働に持ち込めた模様。0.5~1.0mmレベルの調整でものっそ変わるんだよな。
スポンサーサイト



19.09.23 内側自作センサー改善

190923_1_01.jpg

メタルパッドのカーボン接点が足りない感じなので、アルミ板接点で行くことに。


190923_2_01.jpg

190923_2_02.jpg

100均で買ったメタルパッドセンサー用銅テープが薄くて不安だったので、0.1㍉厚の銅テープをAmazonで購入。基板に使う銅箔よりも厚みがある。価格も20mで768円とメートル単価は100均と同等でリーズナブル
半田付け部分の厚みがしっかりしてて、これならよさげ


190923_3_01.jpg

190923_3_02.jpg

190923_3_03.jpg

190923_3_04.jpg

感圧センサーを取り外し、銅テープを貼ったゴムシートを貼り付ける


190923_4_01.jpg

190923_4_02.jpg

190923_4_03.jpg

190923_4_04.jpg

100均で買った0.3㍉厚アルミ板を25㍉で切り出し、切断面を面取りしてからゴムシートに貼り付けパネルに取り付ける


190923_5_01.jpg

今まで弱かった、パネル内側の端っこの反応が圧倒的に良くなった。今まででも内側が無反応だった訳では無いが発狂のように高速で踏むと反応しないことがよくあったので、これで暫くロケテストしてみるw

19.09.18 パネル内側反応改善(センサー自作計画)

出張先の高知までの道中、ずっとメタルパッドの反応改善のことを考えてた。内側の反応はかなり良くなったんだけど、それでもパネルの隅っこを踏むと反応しない事があって、今のセンサー配置では拾いきれない事もなんとなく分かってる。
センサーそのものを内側だけ完全自作のものに変える方向性で検討する。

しかしここ最近、自宅環境をより完全なものにする事ばかり考えてるなw俺自身が踏む分には全くなんの問題もないんだが、他人が踏んでて不意にありえないミスが出るのを見ると俺自身がストレス溜まるようになってしまった。次回の大規模オフではそういうのを完全に払拭させたい。

そして出張先最寄りのダイソーへ。


190918_1_01.jpg

これよこれ!これがあれば解決出来る!しかもこれ上手くいって発展させたら全パネルの維持費が大幅に削減出来る!もっと早くに思いつけば良かったよ…
うー早く試したい!!


190918_2_01.jpg

190918_2_02.jpg

190918_2_03.jpg

190918_2_04.jpg

翌日、出張から帰って早速作業。内側センサーを外す。石ころが内部に入ってて、パネルステッカーが早くも傷物になってて萎える


190918_3_01.jpg

190918_3_02.jpg

190918_3_03.jpg

190918_3_04.jpg

銅テープを縦に半分に切断し、2mm厚ゴムシートに貼る。これをパネル内側部分に取り付けハンダ付けする。


190918_4_01.jpg

190918_4_02.jpg

190918_4_03.jpg

190918_4_04.jpg

以前使っていたセンサースイッチ用カーボン板を1mm厚のゴムシートに貼り付け、先程の銅テープの上に均等に載せ、パネルをその上に被せて取り付ける。

これで換装完了。作業はとても簡単だったが予想外に銅テープが薄かったので耐久性に難がありそう。持っと厚い銅板買うかな。

反応は全く問題なく、今回のオフで発覚したパネル内側の隅っこでもなんの問題もなく反応するようになった。
とりあえず現状で屋敷メンバーに踏みまくって貰って耐久性テストをして行きたい。多分すぐだめになりそうなので銅板は買っとこうw

19.09.07 パネルスポンジゴム換装

190907_1_01.jpg

190907_1_02.jpg

190907_1_03.jpg

190907_1_04.jpg

メタルパッドのパネルが乗っているスポンジゴム(2.5㍉厚2枚重ね)が、何回か踏んでいると接着している部分がズレて反応が変わって来るので、5㍉厚の1枚ものに変更。
しばらく踏んでみたが反応は今までの中で1番いいと思える。来週のオフでみんなに評価してもらおう

19.08.29 オフ会準備、バー固定金具改良

190829_1_01.jpg

190829_1_02.jpg

あと半月に迫った秋の屋敷オフのため、ざっとDDR部屋を整理した。同時に色々断捨離も。


190829_2_01.jpg

190829_2_02.jpg

190829_2_03.jpg

バーを固定している金具が錆びたり汚くなってたので10年振りに取り外してみたらすげー事になってた


190829_3_01.jpg

190829_3_02.jpg

190829_3_03.jpg

サンダーで錆を取り、白く塗った。明日には取り付け直せるやろ


190829_4_01.jpg

190829_4_02.jpg

翌日取付。いい感じ。バーも白くしたいなw白いイレクターパイプあったよな…ナットも錆びてたのでステンに代えた。タッピングビスもステンにしとくべきだった……これ今から交換するのくそ面倒なのでw


190829_5_01.jpg

190829_5_02.jpg

190829_5_03.jpg

190829_5_04.jpg

以前から気になってたバーのガタツキぐらつき防止で、ネジ固定するようにした。ガタツキは無くなったが、バーそのものがあまり強くないのでぐらつきはどうしても残るな……


190829_6_01.jpg

土台の金具はそこそこ固くてペンインパクトでは歯が立たず。買っててよかった高速ドリル、苦もなく開いた。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

まつりななし

Author:まつりななし
AC版DDRが近所に無いため、CS環境をどんどん構築していった挙句、メタルパッド、いわゆるアケコンにまでたどり着いてしまいました。
これで何も考えずにAC版と変わらず楽しめる!!…そう思っていた時期が俺にもありました…

このブログは一筋縄ではいかないメタルパッドの神メンテ化を目指す平凡なDDRerの物語です(w

現在の環境もとうとう10周年を迎え、現在12年目です(19.10現在)
もはやメタルパッドのガワだけ使ったほぼ自作パネルとなりつつあり、メタルパッド本来の改善用途としては参考にならないブログになりつつありますが、質問くださった方には可能な限り対応していきたいと考えておりますので今後とも宜しくお願いいたします。


-------------------------------------


プレイ動画あげてます。主にパフォもどきプレイです。 
 →YouTube
 →ニコニコ動画

ニコ生はじめました
 →DDR屋敷オフ中継
 →DDR屋敷オフコミュ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
DDRX
経県値
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる