FC2ブログ

20.05.19 全パネル自作センサー化、パネル反応モニタをセパレート化

20051901.jpg

部材届いたので最後の1パネルをセンサー換装するよ!

20051902.jpg

20051903.jpg

20051904.jpg

完了!

20051905.jpg

これで8パネル全て自作センサーに換装完了!

20051906.jpg

引き続き部材が届いたので、コントロールボックスとパネル反応モニタをセパレート化させます!

20051907.jpg

そして失敗に気付く……5V電源を基板上で分割し、抵抗を通してLEDに送り出していたが(今までの形だとそのほうが作業的に簡単だった)、セパレート化すると、電源を1本の線で送り出して、LED回路側で分割しないと16心のケーブルが必要になってしまう。

つまり、この抵抗ごっそり付け替えないとダメだわwやるよやりますよw

20051908.jpg

20051909.jpg

LEDのアノードカソード分かりにくかったしLEDと抵抗と直結にしたwもはや綺麗に作るとか考えない!いかに楽をするか、だ!w

20051910.jpg

20051911.jpg

DAISOで買ったハガキケースに基板を取り付け。

20051912.jpg

20051913.jpg

20051914.jpg

LEDのアノード側をまとめてはんだ付けしREVIVE USBの5Vに繋ぎ、カソード側から各パネルスイッチへ戻す。

20051915.jpg

これでパネルモニターを自由に動かせるようになった!

20051916.jpg

モニタの辺りに置けば反応のチェックもやりやすい。メンテ確認時は後ろの方でチェック出来る。


さて、プレイするための環境づくりはこれでほぼ終着点になるかな?今まで何度もそう思いながら想定しないトラブル何度も起こってるからそう簡単には終わらない気もするがw


とりあえず、このブログが以前のように全然更新されなくなったら、それはつまり、アケコンへの道を登り切った、と言う事です。そうなってくれ!!!!(多分ならない
スポンサーサイト



20.05.17 自作センサー、パネル7/8換装完了

流石に数日睡眠不足が続いていたので昨日はお休み、本日9時から作業再開。15時にはふっきーさんが来られるのでそれまでに!

20051701.jpg

残るは1P↑、2P→、2P↓の3か所。あ、パネル開けるとこ違ってるやんw

20051702.jpg

まずは1P↑から。

20051703.jpg

およそ45分で換装完了!だいぶ手馴れてきた感じ!

20051704.jpg

これで1P側すべて完了!

20051705.jpg

続いて2P↓

20051706.jpg

20051707.jpg

こちらもおよそ45分で換装完了!時間は余裕であるのだが…

20051708.jpg

部材が足りなくなり今日はここまで。幸い→パネルは自作センサー(旧)1つだけなのに反応はめちゃくちゃよくて、離れた位置を踏んでも割と反応してくれるためDPでも問題ない状態だった。

とりあえずDPプレイしてみたが、全体的に反応は上々。それどころか、明らかに以前のセンサーより反応がよくなっている箇所が。

20051709.jpg

前は1P↑のこの付近を踏むと無反応の事がよくあって、それでコンボ切れてたりしたからかなり踏みやすくなったと思うわ。

15時、ふっきーさん来訪。反応チェックをしてもらう。

20051731.jpg

20051732.jpg

20051733.jpg

20051734.jpg

普通に踏む分には全く問題なし、稀に謎グドが出るのは恐らく反応がかなり軽いからなので、1mm嵩上げしてもいいかも知らん。とりま大きな問題はない感じ!ここ数日の作業は報われたかな?

ということで、今回のメンテは現時点で過去最高の出来であることは俺とふっきーさんの間で共通認識となった。あとは耐久性さえ問題がないことが実証されれば、多分にこれが最終形になると思う。

アケコンへの道、いよいよ最終回か!!(絶対そうはならんと思うw


20.05.15 全パネル自作センサー換装へ(1P側↑以外を換装)

仕事終わりの19時、作業開始。

20051501.jpg

まずは1P側を最低でもSPプレイができるようにしないといけない。取り急ぎ↓パネルは絶対にやっておかないといけない奴だ

20051502.jpg

20051503.jpg

例によってスポンジゴムに苦戦したが、半分くらいやって嫌気が差し、使えそうな工具探してたらありましたよ!

20051504.jpg

20051505.jpg

大きめのスクレイパーを温めながら剥がしたらあっという間だった!半分剥がすのに20分、スクレイパーで3分くらい。これは今後の作業に光明。

作業中にフォロワーさんから有益な情報が。

REVIVE USBのスイッチを識別する電圧はだいたい2V以下が必要、LEDの抵抗150Ωだと圧力センサを100Ω以下にしないといけない


!!!なるほど、それならかなり腑に落ちる

20051506.jpg

圧力センサー単体を思いっきり踏んだ時、100Ωをやっと切るくらいの値。これでは4つのセンサーが並列に繋がっていたとしても体重が分散するため100Ω以下になるとはとても考えにくい。

実際につながっている圧力センサーを1つだけ思いっきり踏むと反応するが、2枚では無反応となった。

回路的に回避する方法も恐らくあるが、いずれ全てを自作センサーに換装する予定だったからこのまま作業するほうが早い。

20051507.jpg

1P↓、1時間45分くらいかかってやっと換装完了。

20051508.jpg

続いて1P→。ここは溝の埋め戻しとかもあって作業量多いので2時間切るのは厳しそう。

20051509.jpg

よっしゃ前は1時間弱くらいかかってたスポンジゴムを7分で取り除けたぜー!ホットスクレイパー様々やで

20051510.jpg

埋め戻しも思ったほど時間かからなかった。グルーガンで山盛りに埋めて、ホットスクレイパーで表面を平らにしていく形で。

20051511.jpg

よっしゃ2時間切った!てか1時間半くらいで出来たやんか、慣れたかなw1番手間かかりそうなところがこのくらいでできたなら、全パネル換装もそんなに手間じゃないかもだな

20051512.jpg

渡り部分、すごくシンプルな感じになったな

20051513.jpg

試し踏みすると、やはり←が反応しないのでここを換装させて今日は終わることに。

20051514.jpg

もうすっかりスポンジゴムの撤去は問題なくなった

20051515.jpg

20051520.jpg

やりゃ出来るやん、ほぼ1時間で出来たでー

試し踏みも問題なし!撤収!残りはあと3パネルだ、週末までに全換装を目指す!

20.05.14 コントロールボックスにパネルの反応モニタLEDの追加、そして失敗

以前から考えていたことがあった。

・どのパネルが踏まれているかを常にモニタしたい。

理由は簡単、トラブった時に、それが無反応なのか過反応なのか、それが瞬時にわかるからだ。特にハマりの場合は原因特定が即座に難しいケースが多い。先日も、連続で踏んでいる時だけか反応になったケースがあった。

回路自体はそんなに難しいものではない。というか、REVIVE USBにしたおかげで、5V電源を簡単に扱えるようになったので実装を考え始めたというほうが正しい。ジョイスティック乗っ取りだと電源をどこからとるのかが即座にわかりにくく、ほかの回路への影響が何ともわかりにくいので敬遠していたというところ。

20051403.jpg

回路は比較的単純。5V電源を適切な抵抗とLED直列回路に繋げ、それをパネルスイッチの手前に持ってくるだけ。こうすればパネルが踏まれた時だけLEDが光る。念のため、REVIVE USBのスイッチ判定端子に逆流しないようにダイオードをつなげておけば安心だろう。

上の回路図は、コントロールボックスとパネルの間にかませる設計をしていたが、そもそもそうする意味もあまりないし、D-SUBの無駄なのでコントロールボックスに内蔵する方針にした。

20051418.png

てな訳で回路図書き換え。大して変わらないがw

20051402.jpg

20051401.jpg

早速部品調達。回路から自分で考えて(ってほどのものじゃないが)作る電子工作は何十年ぶりやろ。わくわくするなw

パーツは40数年前からお世話になっている地元のパーツ屋さんにて購入

・汎用基板:280円
・LED(赤):30×4=120円
・LED(青):40×4=160円
・整流ダイオード(1n4007):20×8=160円
・抵抗器(150Ω):10×8=80円

計:800円(税込880円)

20051404.jpg

ケースはDAISOのCDケースを流用

20051405.jpg

以前作ったコントロールボックスからREVIVE USBを取り外す(というかコントロールボックスにはこれしか入っていないが)

20051406.jpg

20051407.jpg

汎用基板にREVIVE USBを取り付ける。はんだ付けが雑なのは久し振りだからってことにしといてくださいw

20051408.jpg

REVIVE USBの信号接続ピンにダイオードを取り付ける

20051409.jpg

はんだ付けが雑なのは(略

20051410.jpg

5V出力を8つに分け、それぞれに150Ω抵抗をつなげる(これが実は失敗だと後で判明する)

20051411.jpg

20051412.jpg

ネギみたいな色の配線しかなくて物凄くわかりにくくなってしまったが、緑の配線で5V電源をLEDアノード側へ、白の配線でLEDカソード側からパネルスイッチへ、REVIVE USBの信号接続ピンからパネルスイッチへもネギ色配線で繋ぐ。せめて5-6色くらいの配線は持っておくべきだった。

20051413.jpg

はんだ付けが(もうええっちゅうねん

20051414.jpg

200514151.jpg

LEDに配線を直結する。

200514161.jpg

CDケースにLEDを取り付ける。見えないところ全部雑で申し訳ないw

20051417.jpg

14051430.jpg

反応チェックをしてみたが、全く問題なく動作した。

したのに、だ…

屋敷に持っていき、接続すると…1P←と↓が反応しない。正確にはLEDは点いているので動作はしている。ジョイパッドの動作としては無反応になっている。LEDは付いているが踏まれていない、と言う事だ。

嫌な汗をかきながら、2P側と入れ替えてみる。やはり1P←と↓だけが反応しない。なぜ???回路を完全に変えてもだめ??どういうことなの???

深夜3時に頭を悩ませる。そしてやっと気づいた。


↓パネルは自作センサーではない。パネルをあけて圧力センサーを押してみるも反応しない。他のパネルも同じで、自作センサーだと反応する(←パネルは自作センサーでも反応しなかった、これは自作センサーがテスト環境で作ったままでダメになっていたことが後から判明)。


これはどういう事?


今回、LEDを光らせるために5V電源を利用した。しかしただ繋いだだけではREVIVE USB側に逆流電流が流れて回路が壊れる危険性があった。なので整流ダイオードを使って回路を保護した。


圧力センサーは、onになるまでにゆっくりと抵抗値が下がって行くが、0Ωにはならない。自作センサーはほぼ0Ωになる。ダイオードをかませた関係で、圧力センサーの抵抗では動作しなくなってしまったらしい。

という事は。

全部自作センサーに交換するしかない。それも早急にだ。週末にもプレイヤーが来訪する。


……やってやんよ

20.05.12 1パネル完全自作センサー化

パネルの内側センサーを自作センサー化して暫く経った。幸いSPでは大きな問題は出ていなかったが、DPをやるうえでの問題点が少し出てきていた。

20051101.jpg

現時点で特に無反応が出たという訳ではないが、この位置の反応がめちゃくちゃ悪い事が判明。理由はほぼ分かっている。

20051102.jpg

この位置の内側センサー、昔のセンサー取り付けの際に下地を掘ったことで自作センサーが沈みこんで反応しにくくなっている。ちょうどいい機会なので、以前から考えていた「パネルのセンサーを、すべて自作センサーにする」を試すいい機会だ。

20051103.jpg

と言う事で下準備を。

作業内容は
・センサーの土台となる225㎜×20㎜PET板の切り出し
・センサースイッチとなる200㎜×20㎜アルミ板の切り出し

まずはPET板の作業

20051104.jpg

均等にカッターで線引きするだけでもはや疲れるなこれ。

20051105.jpg

20051106.jpg

20051107.jpg

20051108.jpg

やっと出来たが1時間くらいかかった。 この後アルミにも同じ事やらんにゃならんのやぞ……

20051109.jpg

って、アルミ板の方は結構楽だった。とりあえずこれで準備完了。寝て起きたら実作業開始じゃ。

~~~~~~~~

20051201.jpg

朝9時過ぎ、作業開始。

20051202.jpg

20051203.jpg

黒いスポンジゴムをドライヤーで温めながら取り去る

20051204.jpg

20051205.jpg

今はもう使っていないセンサー基板を撤去

20051206.jpg

20051207.jpg

20051208.jpg

センサー基板下のスポンジゴムも撤去し、配線も撤去してクリアな状態に

こうなってくると、センサー配線のために掘った溝とかが逆に邪魔だ。メタルパッド新品再入手して一からやり直したい気分w

20051209.jpg

20051210.jpg

20051211.jpg

昨日作ったセンサー土台のPET板に2mm厚スポンジゴムを貼り、パネルの土台に貼り付ける

20051212.jpg

20051213.jpg

配線通す溝が合わないので掘り直す

20051214.jpg

20051215.jpg

従来の圧力センサーのコネクタを収める穴をグルーガンで埋め直す

20051216.jpg

現場での思い付きだが、センサー土台をアルミ板より10mm短い190mmに切り直した。アルミの方が短いと、いくら端を面取りしてても銅箔が切れる可能性が高まるので。

20051217.jpg

その代わりセンサー土台の淵で銅箔が切れるリスクが高まるので、PET板をしっかり面取りする必要がある

20051218.jpg

銅箔テープを貼り付ける

20051219.jpg

スイッチ線をハンダ付けする。ここで失敗。センサー全てをハンダ付けで繋ごうと思っていたが、よく考えたらこれ両面導電性テープだから、テープ同士を貼り付ければよかったんだわ。メンテ的にも絶対そのほうが楽だしな。

20051220.jpg

と言う事で、銅箔テープを重ね張りで対応。次からは貼り付ける前提の長さで切り出さねば。

20051221.jpg

とりあえず完成、中央のセンサー基板がなくなったので、このままだと踏んだ時にパネルがたわみすぎるため、2mmスポンジゴムを中央に貼った。反応テストではとりあえず無反応地帯は見つからず

20051222.jpg

ざっと2時間くらい踏んでみて問題なし。パネルを開けると貼り付けた銅箔が軽くめくれている場所があった。本来ならここは1枚ものなのでこうはならないから、剥がれるようなら次は長めのやつで行けばいいな

20051223.jpg

しかし比べてみると随分シンプルになったなwメンテ的にはシンプルであればあるほどいいので、最終的には全パネルを右の形に持っていきたい。中央の2枚以外はセンサー3つで行けるかもだしな

20051224.jpg

2p↑が割と酷いことになってたので、ここも自作センサーだけにしてみよう、3点センサーの実験にもなる。

20051225.jpg

20051226.jpg

20051227.jpg

今回はセンサー基板を取り去ってから、スポンジゴムの撤去作業にしたが、めちゃめちゃ時間かかる。もしかしたらある程度短めに切って分けてはがすほうが作業効率いいのかも?

20051228.jpg

自作センサー3つを取り付ける。両サイドのセンサー、掘った溝が邪魔で少し内側に設置せざるを得なくなったが大丈夫かな?

20051229.jpg

配線の取り回しに少し苦労した。配線をなるべく表に出さないために隠蔽させたかったが、今まであけた穴では小さすぎ、配線を収める&引き出すのがかなり困難。穴を大きくしたいわけだが配線そのものが邪魔な位置にあって作業効率がすごく悪かった。

20051230.jpg

20051231.jpg

何とか完成。しかし試し踏みをしたらやはりというか中央上付近で無反応が出てしまった。DPだと致命的な位置。手抜きはすんなと言う事だなw

20051232.jpg

と言う事で、内側センサーの半分の長さ(112.5×20㎜)でセンサーを作って取り付け。

とりあえずSPDP色々踏んでみたけど特に問題なし。これであとは耐久性さえ実証出来ればこの自作センサーで全パネル作ってしまって問題なさそうだな。費用的にもパネル8枚分で5000円しないくらいなので超オススメの改造になるかも知らん。くそめんどくさいからオススメにはならんかw

一応自作センサーの主な部材の費用(8パネル分、目安)

・PETパネル(450×300×1㎜)(225×20㎜土台30枚分):770円
・DAISOアルミ板(200×200×0.3㎜)4枚(200×20㎜センサースイッチ40枚分):440円
両面導電性銅箔テープ(幅8㎜×長さ20m×厚さ0.1㎜):768円
スポンジゴム(幅20㎜×長さ6m×厚さ2㎜):880円

計:2858円

今までのパネルセンサー、パネル1枚分だけで2000円(圧力センサー4個)してたからめちゃくちゃ安上がりだな、メンテ的にも比較的楽になるしやはり今後はこの方式をとっていきたい。あとは耐久性がどんなものか。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
プロフィール

まつりななし

Author:まつりななし
AC版DDRが近所に無いため、CS環境をどんどん構築していった挙句、メタルパッド、いわゆるアケコンにまでたどり着いてしまいました。
これで何も考えずにAC版と変わらず楽しめる!!…そう思っていた時期が俺にもありました…

このブログは一筋縄ではいかないメタルパッドの神メンテ化を目指す平凡なDDRerの物語です(w

現在の環境もとうとう10周年を迎え、現在12年目です(19.10現在)
もはやメタルパッドのガワだけ使ったほぼ自作パネルとなりつつあり、メタルパッド本来の改善用途としては参考にならないブログになりつつありますが、質問くださった方には可能な限り対応していきたいと考えておりますので今後とも宜しくお願いいたします。


-------------------------------------


プレイ動画あげてます。主にパフォもどきプレイです。 
 →YouTube
 →ニコニコ動画

ニコ生はじめました
 →DDR屋敷オフ中継
 →DDR屋敷オフコミュ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
DDRX
経県値
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる